メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/224 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(59)

 交差点は横倒しの煙突になった。今は炎の通路である。火勢は強くなったり、弱くなったりした。ときに黄色い炎が絶えて、白い煙や黒い煙に替わることがある。この先の街の様子は命をかけて確かめてきた。半分は燃えているが、残りはまだおおきな火災にはなっていない。通りの左側をいけば、なんとか四ツ目通りまで逃げられるだろう。

 この夜がくるまで、誰が二車線の交差点ひとつ渡ることが命がけになると想像しただろうか。空襲で周囲のす…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  4. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊
  5. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです