メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

負い目胸に語り継ぐ 広島二中、同期321人犠牲 尾道へ転校、86歳の元大学長

犠牲となった広島二中1年生の最期をつづった「いしぶみ」を読み返す溝上泰さん=広島県尾道市の自宅で7月

 73年前の広島への原爆投下で、建物疎開作業に動員された1年生321人が犠牲になった広島第二中学校(現広島県立広島観音高校)。一時在籍した元鳴門教育大学長の溝上泰さん(86)=広島県尾道市=はその3カ月前に転校し、難を逃れた。同級生のほぼ全員を失い、自身は生き残った負い目を感じながら、また夏を迎えた。【高田房二郎】

 溝上さんは広島市内の国民学校を卒業し1945年4月、「二中」に入学。胸弾む思いで迎えた新生活だが、…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1146文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです