メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 いじめ自殺訴訟で学校側の賠償責任をどう判断するかについて「判例時報」7月1日号に掲載された東京高裁の橋本英史裁判官の寄稿が注目を集めている。その中で、橋本裁判官は学校側の責任を認定する際の「予見可能性」のハードルを下げるべきだとの考えを示している。

 原稿を読み、私はこう解釈した。かつては「いじめられた生徒が自殺することは極めてまれで、他人が予見することは極めて…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです