メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 いじめ自殺訴訟で学校側の賠償責任をどう判断するかについて「判例時報」7月1日号に掲載された東京高裁の橋本英史裁判官の寄稿が注目を集めている。その中で、橋本裁判官は学校側の責任を認定する際の「予見可能性」のハードルを下げるべきだとの考えを示している。

 原稿を読み、私はこう解釈した。かつては「いじめられた生徒が自殺することは極めてまれで、他人が予見することは極めて…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです