メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆体験、絵巻物に 悲惨さと核廃絶訴え 相模原の油彩画家・今口賢一さん /神奈川

 73年前に広島で被爆した相模原市中央区すすきの町に住む油彩画家、今口賢一さん(79)が、被爆体験などを連作で描く絵巻物づくりに取り組んでいる。目標とする35点のうち8作品を描き上げ、「あといくつ描けるかは残された命との競争。核兵器廃絶と戦争の悲惨さ、命の大切さを訴えたい」と話す。【高橋和夫】

 爆心地から約2キロ離れた海寄りの広島・舟入町に住んでいた。国民学校(現在の広島市立舟入小学校)の1年生だった1945年8月6日、校庭での朝礼中に突然、爆風に吹き飛ばされた。倒れてきた半鐘塔の下敷きになり、頭と足に大けがをした。周りには血まみれになった子供たちが横たわっていた。しばらくして血に染まった腕に抱きかかえられ、顔を見ると母だった。

 逃げる途中、血に染まった川で大勢の人が死んでいた。「水をくれ」と叫ぶ人、「アッツイ」とうめく人も多…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです