メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/64 北朝鮮に帰国した在日コリアン 生と死の記憶を刻む /大阪

朴永淑さんの証言に90人が耳を傾けた=大阪市内で2018年7月8日、合田創さん撮影

 広島市に原爆が投下された8月6日の朝、朴永淑(パクヨンスク)さんは疎開していた広島県山県郡で南の空に原爆雲を目にした。「遠くにモクモクと黒くて変な形の雲が見えて、なんだろねと話しました」

 9日後に日本は敗戦を迎える。広島市内に戻ると実家は跡形もなくなっていた。兄の妻が爆死していた。原爆投下時、広島市には約5万人の朝鮮人がいたとされる。当時まだ5歳だった朴さんは、実は北朝鮮からの脱出者である。原爆投下から17年後、在日朝鮮人の帰国事業で北朝鮮に渡ったのだ。

 1959年から25年間続いた帰国事業では、日本国籍者約7000人を含め9万3000人余りが北朝鮮に…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1344文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです