メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

「生産性」って?=玉木研二

 <ka-ron>

 東京国立博物館で9月2日まで開催している特別展「縄文--1万年の美の鼓動」を見た。燃え立つ情念の炎で縁取られたような土器。生命誕生の歓喜と畏怖(いふ)を込めた妊婦など多様な女性土偶。器にまとわりつくヘビ。大胆な装飾品……。

 200点余の出土展示品が縄文時代の美的感覚や精神世界の奥深さを語る。学校の歴史授業ではあっさり通り抜けてしまっていた。その先に暗記すべき年表的知識が山ほど待ち受けていたから。

 会場で引き寄せられるように目に入ったのは、粘土板にしるされた小さな手足だ。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです