メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東京医科大 入試の得点操作 合格率に男女差、他大も 医療への志、女性阻む壁

 文部科学省を巡る汚職事件で、文科省前局長の息子を一般入試で不正合格させたとされる東京医科大学が、女子の得点を一律に減点したり、男子に加点したりしていた疑いが浮上した。男性医師の育成を重視する「女性差別」は、医学界では常識なのか。他大学や医療現場、海外の現状を探った。

 男女共学の私立大学医学部は全国に30校ある。そのうち2018年度一般入試(一部に17年度を含む)の受験者数、最終合格者数の男女比が明らかになっている13大学は、全て男子の合格者数の方が多い。受験者と合格者の男女比を見ても、女子の合格者の割合が受験者より同じか増えているのは4大学にとどまり、9大学は男子の割合が伸びていた。

 女子の割合の減少が顕著だったのは、東京医科大と聖マリアンナ医科大など。逆に金沢医科大、杏林大では増…

この記事は有料記事です。

残り2720文字(全文3066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです