メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

カジノ実施法成立 地域の振興をもたらすのか=論説副委員長・及川正也

大阪・夢洲に開発を目指すIR施設のイメージ=日本MGMリゾーツ提供

毎日・効果には疑問/読売・精査が必要だ/産経・IRは有効な施設

 米国西部の広大な砂漠の一角に広がるネバダ州の最大都市ラスベガス。かつては鉄道駅のある小さな町だったが、1929年の大恐慌後、近郊で始まったフーバーダム建設で労働者が流入したことなどを機に賭博が認められた。40年代にカジノ化が一気に進むと国内外から観光客が押し寄せ、「カジノの都」へと変貌を遂げた。

 カジノ、ホテル、結婚式、ショービジネス、グランドキャニオンなどの名所観光、国際会議、大統領選候補者…

この記事は有料記事です。

残り2194文字(全文2424文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  3. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  4. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  5. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです