メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

被爆者の遺骨発掘に同行して 今に続く原爆の事実=寺岡俊(広島支局)

似島で遺骨の発掘調査を行う嘉陽礼文さん=広島市南区で4月23日、山崎一輝撮影

 広島は6日、73回目の原爆の日を迎えた。私は2年前から2度目の広島勤務となり、原爆をテーマに取材を続けている。今年、原爆投下は過去のことではないと実感する出来事があった。原爆による多数の負傷者が運ばれた広島港沖の似島(にのしま)(広島市南区)で、14年ぶりに被爆者の遺骨が見つかったのだ。大学院生の発掘調査に私も立ち会い、73年ぶりに地中から出てきた骨を手に取り、命が絶たれたことを肌で感じた。昨年から米朝間で核兵器を巡る緊迫したやりとりが続いている。世界の核状況は一進一退を繰り返しているが、私は被爆地の記者として核兵器使用の結末を伝え続けたい。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです