メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟初弁論 国、東京でも争う姿勢 原告「救いの道開く」

 旧優生保護法(1948~96年)は個人の尊厳などを定めた憲法に違反するとして、旧法下で不妊手術を強制された東京都内の男性(75)が国に3000万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日、東京地裁(手嶋あさみ裁判長)であった。国側は争う姿勢を示し、詳しい反論は次回(10月18日)以降に持ち越した。【服部陽】

 同種訴訟は東京のほか、札幌、仙台、熊本の各地裁に計7人が起こしており、弁論が始まったのは仙台地裁の…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文893文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです