メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

元三役、幕下からの再起

秋場所での十両昇進を決めた常幸龍(左)=藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所(7月8~22日)は関脇・御嶽海が初優勝を飾った。一方で、一時は関脇、小結の三役を務めながらもけがに泣き、幕下まで落ちて再起を目指す力士もいる。無給で、時には付け人も務めるなど、十両以上の関取とは雲泥の差がある待遇に耐えながら土俵に上がり続ける力士たち。常幸龍(30)=木瀬部屋▽豊ノ島(35)=時津風部屋▽千代鳳(25)=九重部屋--の3人にスポットライトを当てた。【藤田健志、吉見裕都】

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2095文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです