メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 若手活躍ケガの功名=武藤久

 例年より早い梅雨明けでひときわ暑かった7月の名古屋場所。頑健が売り物の力士も暑いのは大の苦手だ。そのせいか十両以上で休場がもっとも多かったのは2002年の名古屋場所で、再出場もあったが初日から8人、途中休場が8人の計16人が休場している。今年も3横綱を筆頭に8人が休場した。途中休場も6人もいて、呼び出しの「不戦勝」の垂れ幕には、桟敷からため息が漏れた。

 今場所の不戦勝では千代の国が白鵬、鶴竜の2横綱から、正代も新旧両大関から得て話題になった。不戦勝の…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1220文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです