メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲリラ豪雨

素早く予想 モニター2000人、精度に反映 新型レーダー実証実験

 新型の気象レーダーでゲリラ豪雨の発生を短時間で予測し、メールで情報を配信する実証実験を、国立研究開発法人「情報通信研究機構」などが始めた。一般のモニター2000人に降った雨の情報などを返信してもらい、予測精度の向上を図る。実用化すれば、河川の水位変化も予測できるようになり、氾濫6時間前に予報を出せ…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 女子テニス 大坂なおみ、バイン氏との決別理由語る「自分の幸福度が大事」(スポニチ)
  4. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  5. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです