メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍

GPS端末を制限 位置情報の漏えい懸念受け

 米国防総省は6日、世界各地の米軍基地に所属する要員らに対し、全地球測位システム(GPS)を使いランニングなどの運動データを計測するウエアラブル端末などの使用を制限したと明らかにした。米軍の活動拠点を含む重要情報が漏えいし、過激派などに悪用される危険性が指摘されていた。

 国防総省は声明で、GPSを利用した近年の技術進歩により「世界で展開する米国の軍事活動に重大なリスクが生じ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです