メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン制裁を再発動へ 鉄鋼や自動車産業など標的

ポンペオ米国務長官=佐々木順一撮影

 【ワシントン高本耕太】米政府は7日、イランの鉄鋼取引や同国の自動車産業などを標的とした制裁を再発動する。イラン核合意離脱に伴うもので、発動を指示する大統領令に署名したトランプ大統領は6日、声明で「イランの有害活動を止めるため圧力をかけるものだ」と説明した。

 トランプ米政権は今年5月に核合意離脱を宣言。イランの資金源を断つことを目的に、2015年の合意により解除していた各種制裁を段階的に再発動すると明言していた。

 米東部時間7日午前0時(日本時間同午後1時)すぎに発動される第1弾制裁では、中東最大の市場規模を誇…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです