メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン制裁を再発動へ 鉄鋼や自動車産業など標的

ポンペオ米国務長官=佐々木順一撮影

 【ワシントン高本耕太】米政府は7日、イランの鉄鋼取引や同国の自動車産業などを標的とした制裁を再発動する。イラン核合意離脱に伴うもので、発動を指示する大統領令に署名したトランプ大統領は6日、声明で「イランの有害活動を止めるため圧力をかけるものだ」と説明した。

 トランプ米政権は今年5月に核合意離脱を宣言。イランの資金源を断つことを目的に、2015年の合意により解除していた各種制裁を段階的に再発動すると明言していた。

 米東部時間7日午前0時(日本時間同午後1時)すぎに発動される第1弾制裁では、中東最大の市場規模を誇…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです