メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

祖母の被爆体験、物語に 長崎の女性、執筆中 「私が伝えていかないと」

祖母スエ子さん(右)のアルバムを開きながら当時の話を聞く松永さん=長崎市深堀町で2018年8月7日

 「どこにでもある平穏な生活を、原爆が一瞬で奪ったことを伝えたい」。長崎市の被爆3世、松永瑠衣子(るいこ)さん(26)が、長崎原爆で被爆した祖母ら女性2人の半生を題材にした物語の執筆を進めている。戦後73年を迎えて被爆者が次々と鬼籍に入る中、「つらい体験を語ってくれた被爆者たちの思いを、私たちが自分のこととして考えるきっかけに」との思いを込める。【今野悠貴】

 物語では、祖母スエ子さん(84)と、長崎原爆遺族会顧問で語り部活動を長年続けている下平作江さん(8…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1014文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです