メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

北朝鮮返還、米兵遺骨DNA鑑定 特定、数年後も 国防総省

 【ワシントン工藤哲】北朝鮮が米国に引き渡した朝鮮戦争(1950~53年)で死亡・行方不明になった米兵の遺骨について、米国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)がハワイ州で、DNA鑑定などの身元確認作業を進めているもようだ。DPAA関係者は「ひつぎは55だが、実際に何人なのか明言するのは時期尚早」と述べており、作業完了には数カ月から数年を要する見通し。

 国防総省などによると、鑑定対象は遺骨に加え、付随したブーツやボタン、軍服などが含まれる。朝鮮戦争に…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです