メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京は六本木にある「東京ミッドタウン」。そのなかにサントリー美術館がある。今年は9月2日まで、「琉球 美の宝庫」を開催している。今までにも、沖縄県を含めさまざまな博物館で、私は琉球の工芸品を見てきた。その代表は螺鈿(らでん)をほどこした漆器で、それも見慣れていた。しかし今回は照明の当て方に工夫があって、螺鈿をほどこした漆器が実に美しかった。夜の琉球の月明かり星明かり、あるいはろうそくの光で見たらこうではないかと思え、まるで琉球にいるような心地になった。

 琉球の絵師による質の高い絵画類も展示され、中国の影響を受けた琉球文化の技術レベルの高さも実感できた…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです