メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

7組が参加し現代美術展 藤田の1940年代に注目 さまざまな問題意識提示

小沢剛研究室「また帰って来たペインターF」(2018年)

 東京都美術館で開催中の藤田嗣治展に呼応する現代美術展「1940’s フジタ・トリビュート」展が隣接する母校の東京芸術大学(当時は東京美術学校)陳列館で開催中だ。第二次世界大戦と敗戦に直面した藤田の1940年代に注目し、若手からベテランまで7組の作家が出品。さまざまな問題意識を作品から読み取ることができる。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. ベルサーチ 米国の会社に売却か イタリア主要紙が報道
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. バスケットボール 女子W杯 日本は1勝1敗 オコエ、代表上々デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです