メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津川雅彦さん死去

重厚で色気ある演技 「昭和映画史に残る」

 心不全のため、4日に78歳で死去した津川雅彦さんは、重厚で色気のある巧みな演技で存在感を示した俳優だった。妻で女優の朝丘雪路さんを今年4月に亡くし、最期は長女の真由子さんらが付き添っていたという。

 1956年、映画「狂った果実」で主演の石原裕次郎の弟役を務め、一躍スターになった。80年代以降は伊丹十三監督作品の常連となり、伊丹監督の妻で女優の宮本信子さんとのコンビがおなじみに。87年の「マルサの女」、90年の「あげまん」、92年の「ミンボーの女」など相次いでヒット作に出演した。

 テレビではNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」で家康役、「澪つくし」「サラリーマン金太郎」「黒革の手帖…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです