メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

被爆3世、紡ぐ覚悟 祖母ら半生、職辞し物語に

下平作江さん(右)と言葉を交わす松永瑠衣子さん=長崎市で2018年7月16日、小畑英介撮影

あす長崎原爆の日

 「どこにでもある平穏な生活を、原爆が一瞬で奪ったことを伝えたい」。長崎市の被爆3世、松永瑠衣子(るいこ)さん(26)が、長崎原爆で被爆した祖母ら女性2人の半生を題材にした物語の執筆を進めている。戦後73年を迎えて被爆者が次々と鬼籍に入る中、「つらい体験を語ってくれた思いを、私たちが自分のこととして考えるきっかけに」との思いを込める。【今野悠貴】

 物語では祖母スエ子さん(84)と、長崎原爆遺族会顧問で語り部活動を長年続けている下平作江さん(83…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  4. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  5. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです