メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

シン・エナジー 乾正博社長 再エネに成功モデル 共生と地産地消で

シン・エナジーの乾正博社長=神戸市中央区で、大道寺峰子撮影

 エネルギー関連事業を手掛けるシン・エナジー(神戸市中央区)。今年4月、洸陽電機から社名変更し、再生可能エネルギーを軸に事業展開する姿勢を鮮明にした。成長を続ける同社の乾正博社長(47)に展望を聞いた。【大道寺峰子】

 --創業時は電気工事が中心だったそうですね。

 ◆はい。その中で培ったノウハウなどを基に、まず省エネ事業に取り組みました。背景には、阪神大震災(1995年)や、温室効果ガスの排出削減を定めた「京都議定書」の採択(97年)など、従来の経済成長やエネルギーに対する価値観を大きく覆す経験があります。特に、東日本大震災(2011年)以降は、太陽光など再生可能エネルギーの創出(創エネ)に力を入れ、現在は売り上げの半分近くを占めています。

 --エネルギーの地産地消を提唱されています。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです