メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

物語で平和つなぐ 被爆祖母らの半生

 「どこにでもある平穏な生活を、原爆が一瞬で奪ったことを伝えたい」。長崎市の被爆3世、松永瑠衣子(るいこ)さん(26)が、長崎原爆で被爆した祖母ら女性2人の半生を題材にした物語の執筆を進めている。戦後73年を迎えて被爆者が次々と鬼籍に入る中、「つらい体験を語ってくれた被爆者たちの思いを、私たちが自分のこととして考えるきっかけに」との思いを込める。【今野悠貴】

 物語では、祖母スエ子さん(84)と、長崎原爆遺族会顧問で語り部活動を長年続けている下平作江さん(8…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 行政ファイル 高崎のすし店で19人食中毒 /群馬
  4. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです