メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンハッタン計画

重大で恐ろしい計画 米原爆開発描いた絵本、日本語訳版出版 原作者「子どもたちに真実を」

 米国が第二次大戦中に極秘に進めた原爆開発「マンハッタン計画」を描いた米国の絵本の日本語訳版「この計画はひみつです」が今夏、出版された。原作者のノンフィクション絵本作家、ジョナ・ウィンターさん(55)が毎日新聞のメールでの取材に応じ、広島、長崎で壊滅的被害につながった計画を「人類の歴史の中で最も重大で恐ろしい」と指摘。核兵器のない世界を願い、当時隠された真実を子どもたちに伝えようと制作した思いを明かした。【青木絵美】

 <世界のあちこちからあつめられた科学者が、この場所にやってきたのです>

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです