メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンハッタン計画

重大で恐ろしい計画 米原爆開発描いた絵本、日本語訳版出版 原作者「子どもたちに真実を」

 米国が第二次大戦中に極秘に進めた原爆開発「マンハッタン計画」を描いた米国の絵本の日本語訳版「この計画はひみつです」が今夏、出版された。原作者のノンフィクション絵本作家、ジョナ・ウィンターさん(55)が毎日新聞のメールでの取材に応じ、広島、長崎で壊滅的被害につながった計画を「人類の歴史の中で最も重大で恐ろしい」と指摘。核兵器のない世界を願い、当時隠された真実を子どもたちに伝えようと制作した思いを明かした。【青木絵美】

 <世界のあちこちからあつめられた科学者が、この場所にやってきたのです>

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです