メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン制裁、一部再発動 トランプ氏「取引の用意」

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は7日午前0時(日本時間同午後1時)過ぎ、イラン核合意離脱に伴う、対イラン制裁の一部再発動に踏み切った。第1弾の制裁として、鉄鋼や自動車を対象にイランとの取引を禁じた。第三国の企業や個人が違反した場合も罰金の対象となる。トランプ大統領は「最大限の経済圧力をかけ続ける」とし、イランに核やミサイル開発の制限を受け入れさせる方針だが、制裁発動には欧州からも反発の声が上がっており、狙った効果が上げられるかは不透明だ。

 トランプ氏は6日、制裁発動を指示する大統領令に署名。発表した声明で「イランの侵略主義に拍車がかかっ…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです