メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/16 一刻も早く鬼のように

津波被害にあった釜石支社=あいおいニッセイ同和損保提供

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市。2011年4月、余震が頻発する中、あいおいニッセイ同和損害保険釜石支社長だった森陽一(52)は壊れた住宅に入り、写真を撮影していた。地震保険金の支払いに向け、支社長自ら保険契約者の建物の損壊状況を確認し、避難所にいる契約者を代理店主らと一緒に訪ねて手続き書類のサインをもらう日が続いた。

 3月11日の震災当日、6階建ての支社は2階まで水没。従業員8人のうち1人が車で逃げる途中、津波で亡…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです