メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

百害あって一利あり=福本容子

 <sui-setsu>

 今から150年前の1868年。明治が幕開けしたこの年の3月19日、ロンドンでは世界の金融を変える一大事があった。

 「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」の設立だ。いわゆる投資信託第1号の誕生である。

 何が画期的だったのか。

 当時の目論見書にこうある。「この投信の目的は、中産階級の投資家に、大資本家と同じ力を与えることだ」

 それまで株や債券など証券投資は一握りの大金持ち向けだった。たくさんの資金がなければ、複数の銘柄に投…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです