メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

広島・被爆記者のこだわり 癒やしがたい73年の煩悩=山野上純夫(元毎日新聞宗教担当 編集委員)

1951年夏に発病して病名不明のまま病院を転々とし、約2年後に「原爆による再生不能性貧血病」と診断された中学1年生の行広澄江さん。初めて、原爆による内科疾患患者に対する国家補償の対象となった。治療は難しく、54年2月、14歳で亡くなる=53年6月、山野上純夫撮影

 73年前、広島に原爆が投下された時、現地には空襲警報も警戒警報も発令されていなかった。なぜかについては諸説がある。歴史に「もし」はないと知りながら、被爆者の一人としてずっと、「もし警報が発令されていたら」にこだわり続けてきた。

旧制中で授業中、級友2人を失う

 旧制広島高等師範学校付属中(現在は広島大付属中・高)に特設された科学学級4年生の私たち26人は、軍需工場への動員を免除され、午前7時から有機化学の授業を受けていた。現在の広島市中区東千田町にある、爆心地から1・4キロの木造校舎2階だった。爆心と反対側の棟だったので爆風は弱められ、倒壊した校舎の下から脱出できた。だが、級友2人を失った。

 私たちは授業を受ける権利を与えられる一方、万一の時は校舎を守る義務を負っていた。警報が発令されてい…

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文2026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです