メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中米出身者送還 「難民申請はメキシコで」 協定締結を要求 ペニャニエト政権反発

勾留を解かれた不法移民の家族ら=米南部テキサス州マッカレンで2018年7月28日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】トランプ米政権とメキシコ政府が、米国に不法入国した中米諸国からの移民を事実上メキシコに送還する協定について交渉している。米政府は、メキシコの左派ロペスオブラドール政権が12月に発足する前に、現在の中道右派ペニャニエト政権との間で協定締結を目指したい考えだ。だが、移民を押しつけられる形になるメキシコ政府は反発している。

 米政府が4月に提案した難民の取り扱いを定めた「安全な第三国定住」協定。中米からメキシコ経由で不法に…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1273文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです