メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中米出身者送還 「難民申請はメキシコで」 協定締結を要求 ペニャニエト政権反発

勾留を解かれた不法移民の家族ら=米南部テキサス州マッカレンで2018年7月28日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】トランプ米政権とメキシコ政府が、米国に不法入国した中米諸国からの移民を事実上メキシコに送還する協定について交渉している。米政府は、メキシコの左派ロペスオブラドール政権が12月に発足する前に、現在の中道右派ペニャニエト政権との間で協定締結を目指したい考えだ。だが、移民を押しつけられる形になるメキシコ政府は反発している。

 米政府が4月に提案した難民の取り扱いを定めた「安全な第三国定住」協定。中米からメキシコ経由で不法に…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1273文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  3. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです