メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

「グルジア紛争」10年/2 加盟、NATO及び腰 ジョージアの貢献、報われず

トビリシの高台にある墓地には、2008年の紛争で亡くなった兵士に加え、アフガニスタンでのNATOへの支援作業参加中に亡くなった兵士も埋葬されていた

 ジョージア(グルジア)の首都トビリシの高台にある墓地には、2008年に起きたロシアとの戦闘などで命を落とした兵士が葬られている。目新しい墓標の一つに、17年にアフガニスタン駐留中に亡くなった兵士1人をしのんだものがある。遺影の中の兵士は防弾着を着ており、通常の戦闘任務ではなく、アフガン軍への支援作業などに携わっていたことがうかがえる。

 ジョージアは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国ではないが、パートナー国としての評価を高める狙いで…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです