メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

語学学校困った EU離脱、往来制限見込まれ ブラジルや日本で生徒募集

「日本人スタッフ(右)も採用し、日本からの学生の募集にも力を入れている」と話すアナベラ・バロス代表=ロンドン北部の英語学校「ナセル・イングリッシュスクール」で、矢野純一撮影

 【ロンドン矢野純一】2016年の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国で、英語語学学校が先行きに不安を募らせている。EU圏内から受け入れている年間20万人以上の生徒が、離脱でEUと自由に行き来することができなくなる可能性が高いためだ。想定されるEU圏内からの生徒減に対応すべく、てこ入れを図るのはEU圏外の生徒獲得。日本市場もターゲットのひとつで、日本語を話すスタッフを増員する語学学校もある。

 「政府は早く人の移動の自由を巡る方針を決めてほしい」。ロンドン北部の英語学校ナセル・イングリッシュ…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです