メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大塚家具

「ブランド価値落とした」 創業者・大塚勝久氏、支援を否定

インタビューに答える大塚家具創業者で匠大塚会長の大塚勝久氏=東京都中央区の匠大塚本社で2018年8月7日、今村茜撮影

 業績不振に陥った大塚家具の創業者で、長女の久美子社長との路線対立で会長を退任した大塚勝久氏(75)が7日、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。勝久氏は「大塚家具のブランド価値を落とした」と久美子氏ら現経営陣を批判し、支援する考えがないことを明らかにした。【今村茜】

 大塚家具は2015年、勝久氏と久美子氏が経営権を巡り対立したことで、ブランドイメージが低下。接客の簡素化などで従来の顧客が離れるなどし、売上高も低迷した。勝久氏は「子どもが社長をやりたいと言うから任せた。他人だったら奪い返していた」と振り返った。

 当初、勝久氏は「親子だから何かあったら助けなければと心配していた」というが、大塚家具とTKPの資本…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです