メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の平和記念公園内に2002年にできた国立施設(手前)の名は「原爆死没者追悼平和祈念館」で長崎と共通。中央は平和記念式典会場、左奥は平和記念資料館(原爆資料館)=同年8月6日、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 8月6日の広島「平和記念式典」と、9日の長崎「平和祈念式典」。被爆地で毎年開かれる二つの行事は、よく見ると表記に違いがあります。しばしば混同される「記念」と「祈念」を正しく書き分けるために、それぞれの名称に込められた意味を探ってみました。【宮城理志】

 ■巡り来ることば

 ◆記念と祈念 表記に込めた主張

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです