メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

あす73年 平和願い、日記記す 毎年8月9日「惨禍、もう二度と」

被爆体験を書き続けている道脇ミサ子さん=長崎県五島市の水の浦教会の修道院で2018年8月3日午後2時9分、浅野翔太郎撮影

 米国による長崎への原爆投下から9日で73年を迎える。長崎県五島市の被爆者でシスターの道脇ミサ子さん(90)は、「思い出したくないけれど、忘れてはいけない」と毎年8月9日に合わせて被爆体験を日記に書き続けてきた。惨禍が二度と繰り返されませんように--。平和の祈りをささげながら、17歳の目で見た「あの日」の長崎を今年もつづる。

 五島列島の福江島出身の道脇さんは、1943年から働いていた三菱重工長崎兵器製作所大橋工場で被爆した…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文790文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです