メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/5 針ノ木岳遭難、伝書バトが連絡

北アルプス(左下)を望みながら飛ぶハトと小屋=市立大町山岳博物館提供

 <くらしナビ・環境>

 既に電話や無線があっても、戦時中の軍隊は手軽な通信手段として伝書バトも使用し、日本陸軍は必要になれば召し上げるため民間への普及を図った。長野県大町(現大町市)では登山中の遭難連絡用に貸し出しが始まった1936年、さっそく最初の客が放ったハトが針ノ木岳(2821メートル)から舞い戻った。

 北アルプスを望む信濃鉄道(現JR大糸線)・信濃大町駅前のハト小屋に、予定外の1羽が帰ったのは36年…

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2210文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです