メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紫外線

続く夏、対策を 加齢よりも肌にダメージ 真皮傷つき、しわ・たるみに

紫外線による皮膚の老化の概念図

 夏は暑さ対策と同時に、紫外線対策も大切だ。肌のしみやしわ、たるみなどの老化は、加齢よりも紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受ける「光老化」の影響が大きいと考えられるのに加え、紫外線は皮膚がんの原因にもなる。どんな予防法が有効なのだろう。【野田武】

 皮膚は加齢とともに老化するが、老化の程度は体の中でも差がある。例えば、顔にはしわやしみが目立つお年寄りでも、腹部や太ももはさほど変化がないことが多い。これは、太陽光に当たって紫外線を浴びる時間が違うからだ。

 東邦大医療センター大森病院(東京都大田区)の関東裕美・皮膚科臨床教授は「紫外線を防がなければ、加齢…

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1477文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです