メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-深浦康市九段 第4局の6

ゼロまで戦う

 棋士にもいろんなタイプがある。75対25くらいに形勢が悪くなると逆転不能と見て投げるタイプもあれば、99対1であろうとも最後の1に懸けて頑張る棋士もいる。深浦は後者のタイプ。本局も勝負を諦めない。ここで[後]3一飛!がハッとさせる勝負手だ。「すごい手ですね」が控室の検討陣からも漏れる。この自陣飛車で先手の馬が詰んでいる。佐藤も意表を突かれたか思わず後頭部をトントンとたたいた。残り10分となるまで8分考えたのは、落ち着きを取り戻すための時間も含まれていただろう。[先]3三馬と切り、[先]4六桂と後手玉の周辺を攻める。

 残り10分の佐藤に対して、深浦は50分以上残している。深浦に残されたアドバンテージはこれだけとも言…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです