メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
くらしの明日

私の社会保障論 新しい社会保障の可能性 一人一人の力引き出す=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 社会保障の持続可能性が話題になっている。日本が人口減少社会に突入して、生産年齢人口(15~64歳)が減り続ける中で、医療・介護を多く必要とする75歳以上の高齢者人口が、2030年には15年に比べ4割増えるからだ。現状で12%である貧困高齢者率は、ある推計では40年に22%を超えるという。

 地域共生社会研究会で、小黒一正(法政大、財政学)、小塩隆士(一橋大、経済学)、菊池馨実(よしみ)(早稲田大、法学)の3人の教授からの報告を聞き、その後の討論に参加しながら持続可能な社会保障のキーワードを考えてみた。

 まず「新しい社会保障」である。病気で仕事を失い貧困に陥るのを防ごうと、世界初の社会保険として疾病保…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1106文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです