メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東・東北豪雨

鬼怒川氾濫「掘削を放任」 国提訴の茨城住民ら

 2015年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川が氾濫して被害を受けたのは国の河川管理に不備があったためだとして、茨城県常総市の住民ら約30人が7日、総額約3億3500万円の損害賠償を国に求める訴訟を水戸地裁下妻支部に起こした。提訴後に記者会見した原告らは「あの水害は人災だった」と憤った。

 この豪雨により、常総市は市域の3分の1に当たる約40平方キロが浸水した。市内の住宅被害は全壊53軒、大規模半壊と半壊は計約5000軒に上り、災害関連死の12人を含め14人が死亡している。

 原告は住宅が壊れたり、家族が災害関連死に認定されたりした住民ら。訴状によると、越水した同市若宮戸付…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです