メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易協議

「2国間、メリット少ない」森山裕元農相

インタビューに応じる森山裕・自民党国対委員長=2018年7月27日午後3時40分、安藤大介撮影

 日米の貿易協議について、自民党でTPPなどの経済協定対策本部長を務め、元農相の森山裕国会対策委員長に聞いた。【加藤明子】

 --対策本部は農林水産分野で米国に譲歩しないよう政府に申し入れました。

 ◆農業団体の心配する声は大きい。TPPは米国を入れた12カ国の枠組みだからこそ(日本経済にとって)メリットがあり、農林水産物の関税も譲歩した。2国間協議ではメリットが少ない。やれることとやれないことがあり、仕分けして交渉に臨むべきだ。

 TPP交渉などを通じて米国は日本の事情がよく分かっている。たとえ米国がFTA交渉を望み、「農産物を…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです