メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

全国の景気判断維持 豪雨の中国は見送り

 財務省は7日の全国財務局長会議で、7月時点の経済情勢報告をまとめた。全国11地域のうち、中国は西日本豪雨の影響把握が先決として景気判断を見送った。北海道の判断を前回4月から引き上げ、残る9地域は変えず、全国も昨年10月から続く「回復している」との見解を維持した。ただ物流網の寸断による商品納入の遅れなど、全地域が豪雨で何らかの影響が出たと指摘した。

 判断見送りは、熊本地震が起きた2016年4月の九州南部以来。中国は「豪雨前は緩やかに回復していたが…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです