メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

全国の景気判断維持 豪雨の中国は見送り

 財務省は7日の全国財務局長会議で、7月時点の経済情勢報告をまとめた。全国11地域のうち、中国は西日本豪雨の影響把握が先決として景気判断を見送った。北海道の判断を前回4月から引き上げ、残る9地域は変えず、全国も昨年10月から続く「回復している」との見解を維持した。ただ物流網の寸断による商品納入の遅れなど、全地域が豪雨で何らかの影響が出たと指摘した。

 判断見送りは、熊本地震が起きた2016年4月の九州南部以来。中国は「豪雨前は緩やかに回復していたが…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです