メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン制裁再発動

米、圧力外交イランにも 欧州は反発

トランプ米大統領=オハイオ州で2018年8月4日、AP

 イラン核合意離脱に伴い、対イラン制裁の一部を再発動したトランプ米政権。圧力一辺倒で北朝鮮を非核化交渉に引きずり出した「成功体験」をなぞったようにも見えるが、核合意を支持する欧州は反発を強め、米国は国際的な孤立を深めそうだ。イラン経済が苦境に立たされるのは必至で、合意をまとめたイランのロウハニ政権は国内の反米強硬派からの突き上げもあり、難しい立場に立たされている。

この記事は有料記事です。

残り1635文字(全文1818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです