メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン制裁再発動

米、圧力外交イランにも 欧州は反発

トランプ米大統領=オハイオ州で2018年8月4日、AP

 イラン核合意離脱に伴い、対イラン制裁の一部を再発動したトランプ米政権。圧力一辺倒で北朝鮮を非核化交渉に引きずり出した「成功体験」をなぞったようにも見えるが、核合意を支持する欧州は反発を強め、米国は国際的な孤立を深めそうだ。イラン経済が苦境に立たされるのは必至で、合意をまとめたイランのロウハニ政権は国内の反米強硬派からの突き上げもあり、難しい立場に立たされている。

この記事は有料記事です。

残り1635文字(全文1818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. はやぶさ2 小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです