メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医大

追加合格の可能性「十分ある」会見詳報(2)

不正入試問題について記者会見する東京医科大の行岡哲男常務理事(手前左から2人目)ら=東京都内のホテルで2018年8月7日午後5時28分、長谷川直亮撮影

 東京医科大の宮沢啓介学長職務代理、行岡哲男常務理事、顧問弁護士の鈴木翼弁護士による記者会見は、行岡常務理事の説明の後、質疑応答が行われた。

「我々は不正入試に関与していない」

 ◆行岡常務理事らは不正入試に関与していたのか。

 行岡 我々は関与していない。(得点に)0・8をかけるということについても、浪人に対することについても関与してなかった。

この記事は有料記事です。

残り1646文字(全文1817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです