メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢 2日続けて朝稽古で相撲「体的にはいい」、白鵬もハッパ(スポニチ)

 大相撲の夏巡業が7日、埼玉県所沢市で行われ、8場所連続休場中の横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)が2日続けて朝稽古で相撲を取った。ともに平幕の大栄翔と11番で10勝、佐田の海と3番で2勝。相撲を取る稽古を再開した6日と全く同じ12勝2敗で終えた。左四つから一気に出るなど力強さを見せた一方、右差しを許すと防戦を強いられた。前日からの上積みについて聞かれると「体的にはいいんじゃないか」と答えた。

     稽古中には横綱・白鵬からハッパを掛けられ、稽古後は兄弟子である西岩親方(元関脇・若の里)からアドバイスも受けた。西岩親方は「新弟子の頃から見ているから。誰よりも復活を願っている」と“親心”をのぞかせていた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
    2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
    4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです