メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

21世紀枠の延長戦

 「探しものは何ですか」。高校野球観戦中に、井上陽水さんの歌「夢の中へ」が脳裏を漂った。今春の選抜高校野球大会で甲子園の土を踏んだ膳所が、夏の滋賀大会を必死に戦っていた。

 「あと一歩で全国に手が届くチーム」として、21世紀枠でセンバツに出場。初戦で敗れたが、相手の打球方向を分析して大胆に守備位置を変更する戦法で、中盤まで互角の勝負に持ち込んだ。強豪校と全力でぶつかることで、選手た…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです