メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選2018

振り返って/下 候補者選出、難航響く 共産、県議選と参院選見据え /長野

 投票が締め切られた5日午後8時。阿部守一氏当選確実の一報が入ると、金井忠一氏の事務所では「同時か」と落胆の声があがった。金井氏は「多くの県民の共感を得た。これまで訴えてきたことに意義はあった」とあいさつした後、拍手で送り出され、事務所を後にした。支援者たちも引き揚げ、午後9時半ごろには事務所の明かりが消えた。

 金井氏陣営は4年前の知事選との違いについて、「反安倍晋三政権」を軸とした無党派の市民団体の協力態勢…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1039文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです