メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶくぶく潜水隊

サンゴほぼ全滅 世界最北、田辺湾周辺の群集地 低水温で弱る、産卵も低調の見込み /和歌山

冬場の低水温でほぼ全滅し、表面に藻が生えたサンゴを調べるダイバー=和歌山県田辺市沖の沖島で、山本芳博撮影

 世界最北のテーブルサンゴの群集地で知られる田辺湾周辺では、毎年7~8月の新月の大潮前後に一斉産卵が観察できる。今週末の11日が新月だが、今年は年初の低水温でサンゴがほぼ全滅し、産卵の観察は難しいとみられる。そもそも生き残っているサンゴはあるのか。私(隊長)は地元ダイバーと一緒に海へ潜った。【隊長、山本芳博】

 サンゴにはたくさんの種類があるが、写真映えする一斉産卵はクシハダやエンタク、ニホンなどのミドリイシ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです