メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

翁長雄志さん 67歳=沖縄県知事

翁長雄志知事=津村豊和撮影

辺野古移設、反対貫く 膵がん、闘病続け執務

 沖縄県知事の翁長雄志(おなが・たけし)さんが8日午後6時43分、膵(すい)がんのため同県浦添市内の病院で死去した。67歳。葬儀日程などは未定。今年5月にがんを公表し、治療を続けていたが、7日に容体が急変した。任期満了に伴い11月18日投開票で予定していた知事選は、9月中に実施される見通し。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に一貫して反対し、7月27日に前知事による辺野古の埋め立て承認を撤回すると表明した翁長知事の死去は、移設計画の行方にも影響しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1163文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです