メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

世襲独裁を変えた力=坂東賢治

 <moku-go>

 「三代続けば末代続く」「売り家と唐様で書く三代目」。いずれも世襲で事業を続ける難しさを示す言葉だ。国家の世襲はもっと難しい。

 米国の政治学者、ブラウンリー氏によると、戦後、3年以上政権を握った258の独裁政権中、親子の世襲に成功したのは9例しかなかった。

 アジアでは北朝鮮や台湾などが挙げられているが、3代世襲を実現した北朝鮮と違い、台湾は2代で世襲を終え、民主化を進めた。

 今年は2代目の蒋経国(しょうけいこく)氏が死去して30年。国民党の強権政治は完全に過去のものとなっ…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1020文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです