メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

ジャーナリズムの原点回帰 差異認めつつ合意形成を=武田徹

 「建設的ジャーナリズム」と呼ばれる新しい報道スタイルについて、欧州の社会動向をスイスで定点観測している穂鷹知美さんがネットメディア「シノドス」で報告している。

 その特徴は問題の追及や告発よりも解決を目指すこと。提唱者の一人、デンマーク人ジャーナリストのウルリック・ハーゲルップ氏は、参加者に問題の解決法を協力して見つけるよう義務づけた討論番組をデンマーク国営放送で製作し、高い視聴率を記録したという。

 そこには合意形成が困難な現状を打開する期待が込められている。多メディア時代にはメディア相互の差別化…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. センバツ入場行進曲に「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」 槙原敬之さん作詞作曲
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです