メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

ジャーナリズムの原点回帰 差異認めつつ合意形成を=武田徹

 「建設的ジャーナリズム」と呼ばれる新しい報道スタイルについて、欧州の社会動向をスイスで定点観測している穂鷹知美さんがネットメディア「シノドス」で報告している。

 その特徴は問題の追及や告発よりも解決を目指すこと。提唱者の一人、デンマーク人ジャーナリストのウルリック・ハーゲルップ氏は、参加者に問題の解決法を協力して見つけるよう義務づけた討論番組をデンマーク国営放送で製作し、高い視聴率を記録したという。

 そこには合意形成が困難な現状を打開する期待が込められている。多メディア時代にはメディア相互の差別化…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1074文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです