メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

ジャーナリズムの原点回帰 差異認めつつ合意形成を=武田徹

 「建設的ジャーナリズム」と呼ばれる新しい報道スタイルについて、欧州の社会動向をスイスで定点観測している穂鷹知美さんがネットメディア「シノドス」で報告している。

 その特徴は問題の追及や告発よりも解決を目指すこと。提唱者の一人、デンマーク人ジャーナリストのウルリック・ハーゲルップ氏は、参加者に問題の解決法を協力して見つけるよう義務づけた討論番組をデンマーク国営放送で製作し、高い視聴率を記録したという。

 そこには合意形成が困難な現状を打開する期待が込められている。多メディア時代にはメディア相互の差別化…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1074文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです